高所得者の介護保険、自己負担2割に 介護保険制度改革素案

投稿日時 2013-11-28 08:51:05 | カテゴリ: TOP

厚生労働省は27日、諮問機関である社会保障審議会介護保険部会に、2015年度の介護保険制度改革に関する素案を提示しました。同案の主な骨子として、高所得者の自己負担2割への引き上げや、介護の必要性が低い要支援者向けサービスの一部を市町村事業に移し、費用に上限を設定すること、2018年度には全市町村が認知症対策を包括的に実施できる体制を整備すること、預貯金が夫婦で2,000万円(単身者は1,000万円)を超すと、収入は低くとも介護施設入所時の食費と入居費補助はなしとすること、などが盛り込まれています。

   同省は社会保障審議会の意見書を基に介護保険法改正案を作り、来年の通常国会に提出する見通しとのことです。




沖縄労務管理センターにて更に多くのニュース記事をよむことができます
http://www.oki-roumu.com

このニュース記事が掲載されているURL:
http://www.oki-roumu.com/modules/news/index.php?page=article&storyid=648