健保組合の24年度赤字2976億円〜高齢者医療の負担増

投稿日時 2013-09-18 08:17:11 | カテゴリ: TOP

 大企業の会社員とその家族が加入する健康保険組合の24年度決算は2976億円となり、5年連続の赤字となりました。  それによりますと、収入については過去最高の4割を超える組合が保険料の引き上げをおこなったことから前年に比べ5%増えましたが、支出は高齢者医療への拠出金が過去最大となり、収入より支出が上回る結果となりました。  高齢化により、高齢者医療への支援は今後も増え続ける見込みで、今後の財政状況の改善に対し重い負担となっているといいます。




沖縄労務管理センターにて更に多くのニュース記事をよむことができます
http://www.oki-roumu.com

このニュース記事が掲載されているURL:
http://www.oki-roumu.com/modules/news/index.php?page=article&storyid=639